大網

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大網とは、お腹の中(腹膜腔)で、エプロンのように垂れ下がっている状の器官腹腔にあるいろいろな器官(腹腔内臓)と、お腹の壁(前腹壁)との間のすきまに垂れ下がっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学大網だいもう、たいもう
英語greater omentumイター・オゥンタム
ラテン語omentum majusオメントゥム・マユス

 この膜は腸間膜などと同じような間膜の構造をしていて、器官の表面を覆う腹膜が器官の表面を離れて垂れ下がっていると考えるとよい。具体的には、の下側の縁(大弯)から横行結腸までつながる間膜が長く伸びて余った分が垂れて折り返されている。

 大網は腹膜が4層になっている。横行結腸の間の間膜そのものが表裏2層の腹膜からできていて、それが余って折り返されてるのでさらに二重になっているから。

 小網小弯肝臓の間にある。

カテゴリー: 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。