サイトを移転しました。お気に入り、ブックマーク等の変更をお願いします。

後腹膜器官

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 後腹膜器官とは、腹膜後器官後腹膜臓器または後腹膜内臓とも呼ばれ、おなか(腹腔)にあるすべての内臓(=腹腔内器官)のうち、腹腔の背中側(背側)の壁にくっついているか埋め込まれているかしている内臓のこと。腹腔の内側は腹膜によって内張りされているが、この内臓の表面は、腹膜にまったく覆われていないか、腹腔に飛び出している一部だけが腹膜に覆われている。

言語表記発音、読み方
日本語医学後腹膜器官こうふくまくきかん
腹膜後器官?ふくまくこうきかん
後腹膜臓器?こうふくまくぞうき
後腹膜内臓?こうふくまくないぞう
英語retroperitoneal organ(s)*レトゥロ-ぺリトゥニーアル・オーガン(ズ)
* peritoneum は腹膜、retro- はこの場合は「~の後ろ」の意味

 腹腔内器官は、腹膜内器官か後腹膜器官かどちらかである。

カテゴリー: 腹部 | 器官

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。