腹腔内器官

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

腹腔内臓でこの項目を参照しています

 腹腔内器官とは、または 腹腔内臓とは、腹腔にある器官(または臓器内臓)、腹部内臓(おなかの内臓)のこと。肝臓小腸腎臓膀胱 …などたくさんある。

言語表記発音、読み方
日本語医学腹腔内器官ふくくうないきかん
腹腔内臓器ふくくうないぞうき
腹腔内臓ふくくうないぞう
腹腔臓器ふくくうぞうき
腹部内臓ふくぶないぞう
英語abdominal organ(s)アブミナル・オーガン(ズ)
複数abdominal visceraアブミナル・ヴィセラ
intra-abdominal organ(s)イントゥラ-アブミナル・オーガン(ズ)

 胸部の空間「胸腔」にある臓器は胸腔内器官という。胸腔と腹腔との境界は、横隔膜がつくっている。腹腔内器官は、横隔膜より下方にある内臓をみな含む。

 腹腔の一番下は、骨盤によって囲まれており、その部分を骨盤腔、骨盤腔にある内臓を骨盤腔内器官(=骨盤内臓、骨盤内臓器)という。骨盤腔内器官には、膀胱子宮直腸などがある。腹腔内器官といったときに、骨盤腔内器官を含むかどうかはそのときの使い方によって変わる。腹腔内器官に骨盤内器官を含めない場合には、両者を合わせて、腹骨盤腔内器官という。

 腹腔内器官を、腹膜内器官の意味で使うことがあるが、これは混乱の元になる使い方なので注意が必要。腹膜内器官でない腹腔内器官には、腎臓膵臓十二指腸などがある。

カテゴリー: 腹部 | 器官

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。