縫合

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 縫合とは、または頭蓋縫合とは、頭蓋をつくっている頭蓋骨の間の結合の形式のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学縫合 *ほうごう
頭蓋縫合とうがいほうごう、ずがいほうごう
英語suture *ーチャー
suture jointーチャー・ジョイント
skull sutureル・ーチャー
cranial sutureイニアル・ーチャー
ラテン語suturae craniiストゥラエ・クラニイ
* 縫合 (suture) には、手術の傷口などを縫い合わせること、またはその縫い目の意味もある

 縫合は、広い意味での関節に含まれるが、不動結合(不動関節)の一種で、と骨の間がコラーゲン線維靱帯でがっちり固定されていて動けない。骨の間に軟骨はない。このような結合を線維性結合とよぶが、その代表例。

 ほとんどの縫合は、それぞれのの縁が激しく入り組んでいて、それが両方の骨の間で噛み合うようにあわさっている。冠状縫合、矢状縫合、ラムダ縫合などはこれ。それに対して、鱗状縫合では縫合をつくる骨はそれぞれ端が薄くなり、重なり合って結合しているため、この名がある。

縫合の例

冠状縫合(かんじょうほうごう)
前頭骨頭頂骨の間
矢状縫合(しじょうほうごう)
左右の頭頂骨の間
ラムダ縫合(ラムダほうごう)
頭頂骨後頭骨の間
鱗状縫合(りんじょうほうごう)
側頭骨鱗部と頭頂骨の間

カテゴリー: 骨格系 | 運動器系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。