求心性

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 求心性とは、何かの中心となる場所に対して、「中心に近づく方向」を指す言葉。末梢神経の情報が伝わる向きが、体の各部位から中枢神経(脳や脊髄など)に向かう向きであることを指すのによく使う。対義語は遠心性

言語表記発音、読み方
日本語医学求心性きゅうしんせい
英語形容afferent *フェレント
*  afferent は、場合によって、似ている違う言葉にも訳される。例:輸入血液などが流れ込む向きであることを示す)

求心性の使われる用語

 求心性神経求心性線維など。もしある神経線維が求心性なら、たいていの場合、その神経線維は、感覚性知覚性)でもある。

カテゴリー: 方向

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。