皮膚感覚

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 皮膚感覚とは、または皮膚知覚とは、体の表面(体表)を覆っている皮膚で感じる感覚をまとめて呼ぶ言葉。皮膚感覚は、触覚痛覚、熱い冷たいの温度覚など、いくつかの種類があり、感覚の種類ごとに別の受容器によって感知され、別の神経によって脊髄中枢神経に伝えられる。

言語表記発音、読み方
日本語医学皮膚感覚 *ひふかんかく
皮膚知覚 *ひふちかく
英語skin senseン・ンス
英語cutaneous senseキューテイニアス・ンス
* 感覚(感覚器で得られた情報が大脳に伝わって感じたそのもの)と知覚(大脳でその情報を処理して記憶や経験を加えて認識した、その情報の意味)を使い分けることもあるが、皮膚知覚というときの「知覚」は、単に感覚と同じ意味で使っている

皮膚感覚の分類

  • 皮膚感覚は、視覚、聴覚、味覚などとともに外受容感覚に分類される(外受容感覚の反対語:固有感覚)。
  • 皮膚感覚は、運動器などの深部感覚とともに、体性感覚に分類される(体性感覚の反対語:特殊感覚)。
  • 皮膚感覚は、運動器などの深部感覚に対して、表在感覚とも呼ばれる。
  • 皮膚感覚は、触覚(と圧覚)、温度覚(温覚と冷覚)、痛覚などに分けられる。
  • 皮膚感覚は、識別性感覚(判別性感覚)と原始性感覚に分けられる。識別性感覚と原始性感覚とでは、大脳に届くまでの神経のつながり方が違っていて、識別性感覚は、皮膚の場所を細かく区別できるが、感覚神経が切断されてから治るまで長期間かかる。原始性感覚は、皮膚の細かい場所の情報が得られないが、切断後、短時間で治る。識別性感覚はおもに触覚(と圧覚)など、原始性感覚は、おもに温度覚(温覚と冷覚)、痛覚など。

皮膚感覚の感覚器

  • マイスナー小体(触覚小体)
  • パチニ小体(ファーター・パチニ小体、層板小体)
  • メルケル円板(触覚円板)

カテゴリー: 外皮系 | 器官 | 皮膚 | 感覚器

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。