神経管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 神経管とは、初期の胎児にある構造で、将来の中枢神経系のもとになる部分のこと。中枢神経系は、脊髄のことだが、神経管の前部が脳になり、それ以外の部分が脊髄になる。

言語表記発音、読み方
日本語医学神経管しんけいかん
英語neural tubeニューラル・テューブ

 神経管は、内側が空洞になっている管状の構造で、前端と後端は閉じてふさがっている。神経管の壁は、細胞がびっしりと並んでできていて、発生に伴ってどんどん増殖している。特に、前部では細胞の増殖が激しく、発生が進むと壁が厚くなり、膨らんでくる。この部分が脳になる。

 神経管の内側の空洞が、その後も狭い空洞として残り、脳室になる。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 脊髄 | 発生

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。