角化重層扁平上皮

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、重層扁平上皮の項目にあります。

 角化重層扁平上皮とは、重層扁平上皮のうち、一番表面に細胞が死んで硬くなった層が残っているタイプのこと。この層を角化層角質層または角層という。この層があると特に乾燥に強く、また、構造的にも壊れにくくなるので、皮膚表皮はこのタイプの上皮でできている。

言語表記発音、読み方
日本語医学角化重層扁平上皮かくかじゅうそうへんぺいじょうひ
英語keratinized (keratinizing) stratified squamous epitheliumラティナイズド(ケラティイズィング)・ストゥティファイド・スクウェイマス・エピスィーリアム

 重層扁平上皮では、細胞が増殖して古くなった細胞が表面へと押し上げられていく。古い細胞が死ぬと、細胞内でつくられた大量のケラチンというタンパク質が残る。ケラチンは水や油に溶けにくく、分解されにくいタンパク質なのでこれが角化層をつくる。ちなみに、、動物ではサイの角や魚やヘビの鱗などの主成分も、ケラチンである。

 体の中の角化重層扁平上皮で、最も厚い角質層があるのは皮膚表皮。表皮の角質層の厚さは皮膚の場所によって大きな違いがある。皮膚以外では、口唇肛門など、皮膚とそれ以外の構造の移行部では弱く角質化している。また、食道の内側(粘膜)の上皮や、の粘膜の上皮などもごく弱く角質化している。

- 「扁平上皮」には、(角化)重層扁平上皮のほかにも、単層扁平上皮があるが、その性質、役割はぜんぜん別
- 「重層上皮」には、重層扁平上皮以外にも、重層円柱上皮重層立方上皮などがある

カテゴリー: 上皮組織 | 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。