肋骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

あばら骨でこの項目を参照しています

 肋骨とは、あばら骨とも呼ばれる胸部胸骨胸椎とともに胸郭をつくり、胸の内臓を守っている。全部で12対(24本)あり、上から第1肋骨〜第12肋骨という名前がついている。

言語表記発音、読み方
日本語医学肋骨ろっこつ
肋硬骨*ろくこうこつ
一般あばら骨(肋骨)あばらぼね
英語rib
ラテン語・英語costa**スタ
ラテン語os costaleオス・コスターレ
* ふだんは使わない言い方。肋軟骨を含まないことを強調するときなどに使う
** 複数形は costae

 形の分類では長骨で、1本の肋骨の形は胸郭に沿って弓状にカーブする。体の後部では胸部の背骨胸椎)と関節をつくり、前部では肋軟骨とつながる。左右の肋軟骨は中央部(正中)にある胸骨につながる。ただし、第11、第12肋骨の肋軟骨は短く、胸骨とつながらない。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。