脳漿

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は脳脊髄液の項目にあります

 脳漿とは、そのものではなく、その内外にある液体(漿液)の意味。医学・解剖学用語ではない。対応する用語では、脳脊髄液髄液)という。

用語表記発音、読み方
日本語医学脳脊髄液のうせきずいえき
髄液ずいえき
リコールリコール
一般脳漿のうしょう
英語 cerebrospinal fluid *セレブロ スイナル・フルー
略語CSFスィー・エス・エフ
ラテン語liquor cerebrospinalis*リクオル・ケレブロ スピナリス
* 英語・ラテン語の cerebro~ は 英語の cerebral に対応し「脳の」、spinalは「脊髄の」の意味

 血液から作り出される液体で、正常では無色透明。脳や脊髄中枢神経系)の周囲を満たして守っている。

関連事項

  • 「脳漿をしぼって考える」という言い方は、脳漿(脳脊髄液)が垂れてくるぐらいまで、脳をしぼることにたとえて、脳を酷使して、よい考え、知恵をしぼり出すことを比喩的に表現した言い方。
  • 脳に非常に強い衝撃が加わったり、体外に出されたり、死後に腐敗して脳の形がくずれたりしたとき、それが脳脊髄液や血液などとまざってどろどろになったものを、全体として脳漿と呼ぶ場合がある。例:「脳漿が飛び散る」

 これらも医学・解剖学用語ではない。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 液体 | 頭頚部 | | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。