足首

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 足首とは、すね(=下腿)の下の端、との間にあるくるぶしの周辺部のこと。くるぶしの位置はちょうど、下腿と足の間の関節(=足関節)のある場所。後ろ側にはアキレス腱がある。

言語表記発音、読み方
日本語一般足首あしくび
英語ankleンクル

 一般的な用法では、「足首」が指す場所は、使い方によって変わる。

  • すね(=下腿)のうち、くるぶしに近づいて細くなった場所を指す場合(例:「足首ダイエット」とは、ふつう、「下腿の下のほう」(ふくらはぎよりも下)を細くしようとすること)
  • くるぶしの周辺部、足関節を指す場合(「足首を回す運動」といえば、足関節の運動のこと)
  • のうち、くるぶしに近い場所にある、足根骨のある場所を指す場合(例:「足首を捻挫する」というのは足関節や足根骨をつなぐ靱帯が損傷したりすること)

カテゴリー: 体の部位 | 下肢 | | 下腿

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。