足根骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 足根骨とは、足首のこと。片足に7コあり、それぞれに名前がついている。足根骨は、足の後部(かかとのある側)、下腿の骨(脛骨腓骨)の下にあり、足首やかかと、足の甲のつけ根の部分までをつくる。前方では足の甲の骨(中足骨)につながる。ちなみに手首の骨、手根骨は8コある。

言語表記発音、読み方
日本語医学足根骨そっこんこつ
一般足首の骨あしくびのほね
英語tarsal bone(s) *ーサル・ウン(ズ)
ラテン語複数ossa tarsi **オッサ・タルスィ
* tarsal は 足根 tarsus の形容詞形
** 7つの骨をまとめて呼ぶ言い方なので複数形

 足根骨は、7つのすべてが短骨に分類される。前部の骨5つと後部の骨2つの2グループに分かれる。後部にある2つは距骨踵骨。距骨は脛骨腓骨関節距腿関節)をつくる骨、踵骨は距骨の下でかかとをつくり、アキレス腱が付く骨である。前部の5つの骨は、舟状骨内側楔状骨中間楔状骨外側楔状骨立方骨。もっとも前部で中足骨と接するのは4つの骨で、内側から内側楔状骨、中間楔状骨、外側楔状骨、立方骨と並ぶ。これらの骨と中足骨の間の関節は、足根中足関節(別名 リスフラン関節)。内側楔状骨、中間楔状骨、外側楔状骨の後方には舟状骨が接し、舟状骨と距骨が接する。外側にある立方骨は直接踵骨と接する。足根骨の間の関節は足根間関節という。そのうち、足根骨の前部と後部の間を分ける関節(横足根関節、別名 ショパール関節)は、内側では距骨と舟状骨の間、外側では踵骨と立方骨の間にある。

カテゴリー: 運動器系 | | 下肢 | | 骨格系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。