ふくらはぎ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ふくらはぎ(脹脛)とは、解剖学用語ではない一般的な言葉で、すね(=下腿)の後面のうち、膝(膝の裏)に近い上側の部分で筋肉が盛り上がっている場所をさす。

言語表記発音、読み方
日本語医学腓腹部ひふくぶ
一般脹脛ふくらはぎ
英語sural regionーラル・ージョン
calf*ーフ
ラテン語regio suralisレギオ・スラリス
* 「ふくらはぎ」に対応する一般的な言葉。子牛の意味の calf とは語源の異なる別の言葉

 ふくらはぎのふくらみは、おもに下腿三頭筋筋腹でできている。ふくらはぎの下側はこの筋の筋腹がおわる高さで、ここから下ではあしの太さが急に細くなることが多い。下腿三頭筋は、3つの筋をあわせていう呼び方で、表面に上端が2つにわかれた腓腹筋と、それにかくれて深層にあるヒラメ筋とからできている。これらの筋の下端は、ひとつのアキレス腱という太いとなって、(かかと)の骨(=踵骨)につながっている。

カテゴリー: 体の部位 | 下肢 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。