骨盤腔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 骨盤腔とは、骨盤に囲まれた体内の空間のこと。腹部内臓のある空間を腹腔というが、その下部を指す言葉。骨盤腔にある内臓を骨盤内臓骨盤腔器官)という。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨盤腔こつばんくう *
英語pelvic cavityルヴィック・キャビティ
ラテン語cavitas pelvisカウィタス・ペルウィス
cavum pelvisカウウム・ペルウィス
* 腔の読み方については、「」の項目に

 骨盤は、仙骨と左右の寛骨でできているが、全体として、底が抜けているバケツのような形をしている。このバケツの内側に当たるのが骨盤腔。骨盤腔の上に空いた広い穴は骨盤上口といい、腹腔とつながっている。骨盤腔の下(骨盤下口)は筋肉の壁(骨盤底筋)でふさがれている。

 腹腔という言葉は、骨盤腔を含むこともあるし、骨盤腔よりも上部だけを指し、腹腔と骨盤腔を合わせて、腹骨盤腔と呼ぶこともある。

カテゴリー: 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。