骨盤

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

腰骨でこの項目を参照しています

 骨盤とは、下腹部~腰~尻のあたり、つまり胴体(体幹)の下部にある骨格(いくつかの骨が組み合わさってできている構造)のこと。1個の骨の名前ではなく、3つの骨(仙骨と左右の寛骨)が連結してできている。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨盤こつばん
英語・ラテン語pelvis(英語読み)ルヴィス
(ラテン語読み)ペルウィス
英語形容pelvic *ルヴィック
* 「骨盤の~」

 その働きは、腹部内臓腹腔内臓器)や妊娠時の胎児を下から包んで守ったり、重さを支えたりすること、また、背骨にかかる上半身の体重を受け、それを太ももの骨(=大腿骨)に伝えるいくつかの関節を作っている。下肢の運動の支点になり、また下肢を動かすためのがくっついている場所でもある、など多い。

 腹腔のうち、骨盤の内側の空間を、骨盤腔ともいう。腹部の内臓のうち、骨盤腔に入っている内臓、つまり下部の内臓を骨盤内臓器ともいう。

関連項目

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 骨盤 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。