骨盤下口

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

骨盤底骨盤出口でこの項目を参照しています

 骨盤下口とは、または骨盤底とは、骨盤の下側にあいている大きな穴の部分のこと。ここにはがないが、膜状になった筋肉の壁でふさがれている。骨盤の下側の出入口の役割をしていて、尿道肛門などは、この骨盤下口を通って、骨盤内と骨盤外とをつないでいる。反対に、骨盤の上側にある、骨がない広い部分は、骨盤上口という。

言語表記発音、読み方
日本語医学骨盤下口こつばんかこう
骨盤底こつばんてい
骨盤出口*こつばんでぐち
英語inferior pelvic apertureインフェリア・ルヴィック・パチャー
pelvic outletルヴィック・ウトレット
* pelvic outlet の直訳

 骨盤は、腹部の内臓を下から支えている、骨でできたバケツ(あるいはたらい)状の構造だが、この骨盤には、バケツ(たらい)の底に相当する場所に、大きな穴が開いている。これが骨盤下口。骨盤下口を囲んでいるのは、骨盤の前部では恥骨、側方と後部では坐骨

 骨盤下口は、多くの筋が膜状に広がってふさいでいて、骨盤の内側と外側(下側)を隔てている。これらの筋は腱や靱帯とあわさって、大きく分けて内外の2層の膜状構造をつくっている。内側は骨盤隔膜、外側は尿生殖隔膜

 骨盤底には、真ん中に直腸が、その前方に会陰(えいん)、外部生殖器などがある。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 骨盤 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。