セメント質

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 セメント質とは、のうち、外から見えない、[[歯ぐき]の中にある部分(歯根という)の表面を覆っている層のこと。歯の中ではエナメル質象牙質ほど硬くなく、に近い構造をしている部分。

言語表記発音、読み方
日本語医学セメント質セメントしつ
一般白亜質はくあしつ
英語cememtント
ラテン語cementum
caementum
(英語読み)センタム
(ラテン語読み)カエメントゥム
substantia ossea dentisスブスタンティア・オッセア・デンティス

 セメントとは建築素材でコンクリートのもとになる、酸化カルシウムや粘土が主成分の素材、またはその粉と水を混ぜたもののこと。白亜、白亜質とは、セメントのもとになる石灰岩や、石灰を豊富にふくむ土壌のこと。歯槽骨との間を埋めて、つなぐ働きから。

 の大部分をつくっているのは象牙質だが、象牙質の表面のうち、歯根(歯ぐきに埋まっている部分)だけを薄く覆っているのがセメント質。セメント質の組成はに近い。

 セメント質がつくられるのは主にが生える前で、歯の基本構造である象牙質がつくられたあと、象牙質の表面に並ぶセメント芽細胞が分泌して作る。まず、歯根全体を薄く覆うようにつくられ、セメント芽細胞の層と象牙質との間の層となる。これが無細胞セメントと呼ばれる層。その後、歯根の下の先端部(根尖)あたりでは、その外側にさらにセメント質が作られ、ここだけセメント質が厚くなる。このとき、セメント質の中にセメント芽細胞がたくさん取り残され、セメント細胞と呼ばれる。この層を有細胞セメントと呼ぶ。

カテゴリー: 消化器系 | | | 頭頚部 | 結合組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。