ヘマトキシリン・エオジン染色

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~
 

H&E染色HE染色でこの項目を参照しています

 ヘマトキシリン・エオジン染色とは、体の構造を顕微鏡で観察するときに見やすくするためにおこなわれる染色のひとつで、ヘマトキシリンエオジン(エオシン)という2種類の染色液を使って順に染める二重染色法。主に動物組織の薄切切片を観察するときに使われ、とくに、病院や検査施設でヒトの組織切片を病理診断する際には、最初に必ず行われることになっている一般的、標準的な染色法。

言語表記発音、読み方
日本語医学ヘマトキシリン・エオジン染色ヘマトキシリン・エオジンせんしょく
略語H&E染色HE染色エイチ・アンド・イーせんしょく
エイチ・イーせんしょく
英語 hematoxylin and eosin stainヘマキスィリン・アンド・オスィン・スイン
略語HE stain、H&E stainエイチ・アンド・イー・ステイン
エイチ・イー・ステイン

 ヘマトキシリン染色の色は紫色で、エオジン染色の色は朱色。ヘマトキシリン塩基性色素細胞の核が紫色に染まり、エオジン酸性色素細胞質が朱色に染まり、ヘマトキシリン・エオジン染色では、細胞の核と細胞質をきれいに染め分けられる。核や細胞質の大きさや形で細胞が区別できるだけでなく、細胞の種類や状態により染まり方が変わる。

カテゴリー: 材料と方法 | 染色

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。