細胞質

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、胞体の項目にあります

 細胞質とは、細胞のなかで、(=細胞核)以外の部分をまとめて呼ぶ名前。

言語表記発音、読み方
日本語医学細胞質さいぼうしつ
英語cytoplasmイトプラズム
ラテン語cytoplasmaキュトプラスマ

 細胞細胞膜で囲まれていて、その内部には、サイトゾルという液体が満たされている。ヒトなどの動物を含む真核生物の細胞では、細胞質には小胞体ミトコンドリアゴルジ装置リソソームなどの細胞小器官がある。このうち、核以外のものをまとめて細胞質という。

 核と細胞質の役割は、核のなかに DNA があり、遺伝情報が保存されているのに対し、細胞質には、その細胞が生きて、機能を果たすためにつくられた物質や構造がある。

カテゴリー: 顕微鏡レベル | 細胞内構造

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。