細胞核

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

でこの項目を参照しています

 細胞核とは、単にとも呼ばれ、細胞の中にあって、遺伝情報を持つ DNA を大量に蓄積している場所。1つの細胞には、たいていの場合1個の核がある。細胞のなかで、核でない場所は細胞質と呼ばれる。核は球形やだ円形などをしていることが多く、核のまわりは核膜が取り巻き、細胞質と核との間を仕切っている。

言語表記発音、読み方
日本語医学かく
細胞核さいぼうかく
英語cell nucleusル・クリアス
英語・ラテン語単数nucleus(英語読み)クリアス
(ラテン語読み)ヌクレウス
複数nuclei(英語読み)クリアイ
(ラテン語読み)ヌクレイ

 核は、細胞小器官に含めないことが多い。

 核とは、何かの中心部、芯のような意味なので、単に核といった場合、細胞核以外にもいろいろな核があるので注意する(例:原子核、神経核)。

細胞内の核の数

 1つの細胞に、核がたくさんある細胞もある。逆に、核のない細胞もある。

核のない細胞

 細胞が形成されるときには核があったが、あとで核が無くなる場合がある。

赤血球
赤血球のできる途中の細胞である赤芽球には1つの核がある。これが抜け落ちると赤血球が完成する。ヒトの胎児の赤血球には核がある。鳥類の赤血球にも核がある。

カテゴリー: 細胞内構造 | 顕微鏡レベル

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。