ミュラー

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ミュラー Müller、Muller は人名。解剖学関係では何人かのミュラーが出てくる。

目次
 

ヨハネス・ミュラー

 ヨハネス・ミュラー Johannes P. Müller (Muller)、ヨハネス・ペーター・ミュラー Johannes Peter Müller (Muller)は、19世紀のドイツの生理学、解剖学者。1801~1858年。ミュラー管などに名前を残しているほか、ベルリン大学の教授として多くの弟子を育てた。弟子には、シュワンウィルヒョーなど。

 müllerian (mullerian) は、Müller (Muller) が一般名詞化・形容詞化したもので、ヨハネス・ミュラーの~、または ミュラー管の~ という意味。ミュラーという人は何人か出てくるが他のミュラーには使わない。

ハインリヒ・ミュラー

 ハインリヒ・ミュラー Heinrich Müller (Muller)は、19世紀のドイツの解剖学者。1820~1864年。に関係する構造を数多くみつけた人で、毛様体ミュラー筋などに名前を残している。

カテゴリー: 人名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。