ミュラー管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

中腎傍管でこの項目を参照しています

 ミュラー管とは、または 中腎傍管とは、胎児のときにだけある管で、卵管子宮などの女性生殖器の一部のもとになる。ミュラーは人名で、ヨハネス・ミュラー(Johanness P. Müller)のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学ミュラー管ミュラーかん
中腎傍管ちゅうじんぼうかん
英語müllerian duct *, **ミューリアン・クト
Müller duct **ミュラー・クト
paramesonephric ductパラメソフリック・クト
ラテン語ductus paramesonephricusドゥクトゥス・パラメソネプフリクス
* müllerian は、Müller が一般名詞化・形容詞化したもので、ヨハネス・ミュラーの~、または ミュラー管の~ という意味。ミュラーという人は解剖学に何人か出てくるが他のミュラーには使わない
** Müller, müllerian では ü (ユー ウムラウト)が使われている。ü は、ウムラウトを使わないときは、u または ue と書くので、Mueller, Muller, muellerian, mullerian と書く場合もある

 ミュラー管は、一旦は、男性と女性、両方の胎児に形成される管で、卵巣(男性では精巣)と総排泄腔との間に走る左右1対の管。すぐとなりにウォルフ管(中腎管)が走っていることから、中腎“傍”管の名前がある。

 その後、男性のミュラー管は退化してなくなってしまう。一方、女性のミュラー管は、どんどん大きく発達し、総排泄腔に近い下半分では左右の管が融合し、1本の管になる。卵巣側の融合していない部分が卵管になり、左右が融合した場所が子宮になる。

 男性でミュラー管が退化するのは、精巣のセルトリ細胞から分泌されるホルモンミュラー管抑制因子(=抗ミュラー管ホルモン)の働きによる。女性では、精巣がないので、ミュラー管は退化しないで残る。ちなみに、男性生殖器の一部は、ミュラー管ではなく、ウォルフ管(中腎管)からできる。中腎管は、精巣のライディッヒ細胞から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)がないと退化してしまうので、女性では退化してしまう。

- ネット検索で出てくる「ミュラー管」には、ガイガー・ミュラー管もある。これは放射線を検出する装置である「ガイガーカウンター」に使うものなので、全く別物

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 発生 | 人名付 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。