乳房

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

おっぱいでこの項目を参照しています

 乳房とは、胸部前面に左右1対ある半球上の盛り上がりで、内部には乳腺脂肪体がある。乳腺は妊娠の途中から大きくなり、分娩後に乳汁を分泌するが、通常時(非分泌時)は乳房内ではごく小さく、また大きさに個人差もあまりない。乳房の膨らみのほとんどは脂肪で、この量には個人差が大きい。男性ではほとんど発達せず、女性では思春期から膨らみはじめる。

言語表記発音、読み方
日本語医学乳房にゅうぼう、ちぶさ
一般 *むね
**ちち
おっぱい **
英語breast *ブレスト
ラテン語mammaマンマ
* breast は、胸部腹部の胸部を指す言葉だが、乳房をさすときにも使われる。たとえば、乳がんは、英語で breast cancer
** おっぱいは、分泌物としての乳汁(ミルク)も指す

 乳房の中央にある乳頭は小さな突起で、20こぐらいの乳管の穴が開いている。乳管には乳腺がつながっていて、ここで乳汁が分泌される。乳腺は、乳頭を中心に周囲に放射状に広がる。乳腺は皮膚腺の一種で、皮下組織にある。乳房の脂肪体皮下脂肪が変化したもの。

カテゴリー: 外皮系 | 皮膚 | 生殖器系 | 女性生殖器系 | 器官

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。