サイトを移転しました。お気に入り、ブックマーク等の変更をお願いします。

乳頭

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 乳頭とは、乳房の中央にある突起部分で、乳汁?(ミルク)が分泌される部分、または、乳房にある乳頭のような小さな突起に対して、「~乳頭」という名前が付けられることがある。

目次
 

(乳房の)乳頭

 乳頭とは、左右の乳房にある突起部。

言語表記発音、読み方
日本語医学乳頭にゅうとう
一般乳首?ちくび
英語nipple *ップル
teat **ティート
papilla of breastラ・オブ・ブスト
mammary papillaンマリー・パ
ラテン語papilla mammaパピラ・マンマ
* 主にヒトの乳頭
** 主に家畜などの動物の乳頭

 通常の皮膚よりもメラニン色素が多く、乳頭の周囲には、乳頭と同じくメラニン色素が多い乳輪?が囲んでいて、これらの部分は皮膚よりも色が濃く見える。乳汁?(ミルク)を分泌する乳腺?につながる管(乳管?)は、左右の乳房に10数本ずつあるが、この管は乳頭で体外につながっているので、乳頭は乳汁の出口である。女性で乳汁が分泌される時期に、乳児?が乳頭をくわえて吸引すると乳汁が出る反射が起こる。感覚神経?が多い場所。

カテゴリー: 外皮系 | 皮膚 | 生殖器系 | 女性生殖器系 | 胸部

(小さな突起の意味)乳頭

 乳頭とは、乳房の乳頭のような、小さな突起物に対して付けられる名前。

言語表記発音、読み方
日本語医学乳頭にゅうとう
英語・ラテン語papilla

乳頭の例

カテゴリー:

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。