二の腕

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は上腕の項目にあります

 二の腕とは、からまでの部分のことで、上腕のこと。医学・解剖学用語ではない。上膊ともいう。

言語表記発音、読み方
日本語医学上腕じょうわん
一般二の腕にのうで
上膊じょうはく
英語医学arm*ーム
一般upper arm*ッパー・ーム
ラテン語brachiumブラキウム
* 英語での arm は、医学・解剖学用語としては上腕を意味するが、一般的に使うときには、上肢自由上肢)全体、または上腕と前腕をあわせたものの意味で用いることがふつう。一般的には上腕だけを指すときは、upper をつける

 語源としては、本来は一の腕が肩から肘まで(上腕)、二の腕が肘から手首まで(=前腕)として使われたのが最初らしい。古代日本語で「」がもともと前腕を指していたこともあり、間違って上腕のことを二の腕と呼ぶのが定着してしまったらしい。今は、前腕のことを二の腕と呼ぶことはない。

カテゴリー: 体の部位 | 上肢 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。