『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容は、肩関節上肢帯肩甲部の項目にもあります

 は、体の部位の名前で、二の腕(上腕)の付け根の関節である肩関節とその周辺(特に、肩関節を作っている肩甲骨の外側半分ぐらい)のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学かた
英語shoulderショウルダー

 肩には、肩甲骨の重要な関節が2つある。ひとつは、腕が動くときの支点となる肩関節で、二の腕(上腕)のである上腕骨と、肩甲骨とが作っている。もうひとつは、腕を上げ下ろしするときの肩甲骨の回転運動の支点となる肩鎖関節で、これは肩甲骨と鎖骨との間にある。

 これらの関節を動かす筋が肩にはある。たとえば、肩関節を包むようにある三角筋や、前側には大胸筋、後側には棘上筋棘下筋大円筋小円筋広背筋など。

 肩は、体の中心軸(背骨)と腕(自由上肢)との間にあって、腕がより自由に動くための運動の橋渡しをする場所である。これについては、上肢帯を参照。

 解剖学用語としての『肩』は、肩甲骨のうちの肩関節とその周辺の場所だけを指す。これに対し、日常使う言葉としての肩は、肩関節の周辺だけでなく、そのもっと内側の、の付け根から肩関節の周辺までの広い場所を指す。たとえば、「肩こり」、「肩をもむ」は、首の付け根にあって、主に背骨(脊柱)から肩甲骨を支える筋肉(たとえば、僧帽筋肩甲挙筋菱形筋などの肩甲骨よりも内側にある筋)の症状でありマッサージのことである。この場所は、解剖学的には肩とはいいにくい

カテゴリー: 体の部位 | 上肢 | 胸部 | 上肢帯

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。