皮神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 皮神経とは、体を走る末梢神経がすべて皮膚に分布する神経であるときにつけられる名前。「〇〇皮神経」という名前となる。または、「△△神経」という名前の神経から分かれた枝のうち、皮膚だけに分布する枝のことを「(△△神経の)皮枝」という。

言語表記発音、読み方
日本語医学皮神経ひしんけい
英語cutaneous nerveキューイニアス・ーヴ
ラテン語nervus cutaneusネルウス・クタネウス

 体で太い神経が通る場所は、動脈などと同じく、皮膚から遠い、体の奥のほう(深層)であることが多い。皮膚感覚を伝える神経は、筋肉の運動を支配する神経と枝分かれしたあと、より体の表面の近くに出てきて、皮下組織を走行する。皮膚にだけ分布する神経を、皮神経とか皮枝と呼ぶ。

 皮神経や皮枝は、皮膚感覚を伝える感覚性神経線維が多く含まれるが、皮膚の血管毛根立毛筋を支配する自律神経も含んでいる。骨格筋の運動を支配する運動神経は含まない。皮神経や皮枝は皮膚の近くを通る神経なので、体のケガで傷つきやすいが、この神経が切れても、筋の運動の障害は生じない。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。