前頭面

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は前頭断の項目にあります

前額面冠状面でこの項目を参照しています

 前頭面とは、断面の向きのひとつで、人体を前側(腹側)と後ろ側(背側)の2つの部分に分けたとき、つまりヘッドホンやカチューシャの向きで切断したような断面のこと。前額面冠状断も同じ意味。前頭面(前額面、冠状面)をつくるような断面の取り方(切断の向き)を、前頭断(=前額断、冠状断)という。

言語表記発音、読み方
日本語医学前頭面ぜんとうめん
前額面ぜんがくめん
冠状面かんじょうめん
英語frontal planeンタル・プイン
coronal planeロナル・プイン

 前頭面は、体を縦方向に2つに分ける面なのに対し、体の左右に分ける面は矢状面。前頭面と矢状面は90度回転した向きになっている。

 断面を取る位置を変えると、少しずつずれた前額面を無数につくることができる。前頭面は、(特に大脳間脳)を断面で考えるときに特によく使う。

カテゴリー: 方向

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。