頚神経叢

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 頚神経叢とは、脊髄神経がつくる神経叢のひとつで、第1頚神経~第4頚神経(C1~C4)の前枝を中心につくる。頚部の側面にあり、頚部の皮膚知覚を支配する。

用語表記発音、読み方
日本語医学頚神経叢けいしんけいそう
英語cervical plexusサーヴィカル・プレクサス
ラテン語plexus cervicalisプレクスス・ケルウィカリス

 頚神経叢には、第11脳神経副神経の一部が合流し、ここから僧帽筋胸鎖乳突筋を支配する枝が出る。また、頚神経ワナと呼ばれる吻合部をつくり、ここから舌骨下筋群を支配する枝を出す。また、横隔膜の運動などを支配する横隔神経も頚神経叢から出る。

 脊髄神経の頚神経叢は、C1~C4前枝がつくる。脊髄神経の後枝神経叢には加わらない。頚神経の残りの前枝(第5頚神経から第8頚神経の前枝)は第1胸神経とともに腕神経叢をつくり、上肢とその周辺を支配する。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脊髄神経 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。