副甲状腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

上皮小体でこの項目を参照しています

 副甲状腺とは、または上皮小体とは、内分泌系に属する器官。くび(頚部)の前面にある甲状腺にくっついている大きさ数 mm の器官で、4つ(左右2対)ある。カルシウム代謝に関係するホルモンである、副甲状腺ホルモン(上皮小体ホルモン、パラトルモン、パラソルモンなどとも呼ばれる)を分泌する。

言語表記発音、読み方
日本語医学副甲状腺*ふくこうじょうせん
上皮小体じょうひしょうたい
英語parathyroid glandパライロイド・グンド
parathyroidパライロイド
ラテン語glandula parathyroideaグランドゥラ・パラテュロイデア
* 甲状腺組織の一部が、甲状腺の本体から離れて存在しているものを、解剖学では副甲状腺と呼ぶ場合もある(英語・ラテン語名は別)

 副甲状腺は、甲状腺の裏面(後面)に、なかば甲状腺に埋まるようにしてくっついている。ついている場所は、H 形をしている甲状腺の左右の上端と下端の近くに1個ずつ。

カテゴリー: 内分泌系 | 器官 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。