卵胞ホルモン

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はエストロゲンの項目にあります

 卵胞ホルモンとは、女性の卵巣にある卵胞から分泌されるホルモン。代表的なのは、エストロゲン発情ホルモン)なので、エストロゲンのことを卵胞ホルモンと呼ぶことが多い。エストロゲンの働きは、動物ではメスの発情期の体の変化を引き起こし、ヒトには発情期がないが、月経周期をつくったり、成長時には第2次性徴をつくる。

言語表記発音、読み方
日本語医学エストロゲンエストロゲン
エストロジェンエストロジェン
発情ホルモンはつじょうホルモン
卵胞ホルモンらんほうホルモン
英語estrogen*,**ストロジェン、ーストロジェン
ドイツ語Estrogenストロゲン
* estrogen のスペルは 米国式。英国式だと oestrogen となる。発音はどちらも同じ
** 卵胞ホルモンをエストロゲンの意味以外で使うとき(下記の節を参照)は、対応する英語名は、(ovarian) follicular hormone(オヴァリアン・)フォキュラー・ーモン

厳密には

  1. エストロゲンは、卵胞以外からも分泌される。卵胞以外(黄体胎盤など)から分泌されるエストロゲンやエストロゲン作用を持つ薬剤でも、「卵胞ホルモン」と呼ぶのかどうかは、場合によって異なる。
  2. 卵巣の卵胞からは、エストロゲン以外にもいくつかのホルモンが分泌される(インヒビンアクチビンなど)。「卵胞ホルモン」と呼ぶとき、「卵胞から分泌される、エストロゲン以外のホルモン」を含むのかどうかは、場合によって異なる。

 このように、あいまいな言葉なので注意する必要がある。エストロゲンという言葉のほうが間違いがない。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 内分泌系 | 卵巣 | 物質名 | ホルモン | ステロイドホルモン

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。