卵巣

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 卵巣とは、女性生殖器系に属する器官のひとつで、おなかの中(=腹腔)に左右1対ある。平たい卵型をしていて、長いほうが 3~4 cm の大きさ。

言語表記発音、読み方
日本語医学卵巣らんそう
英語ovaryヴァリー
ラテン語ovariumオウァリウム

 卵巣の重要な機能は2つあり、卵細胞をつくって排卵することと、女性ホルモンエストロゲンプロゲステロン)をつくること。女性ホルモンは主に卵巣から分泌されるので、卵巣ホルモンともいう。

 卵巣内では、卵胞がつくられ、卵胞の中では卵細胞が育つ。卵胞が成熟すると卵胞は壊れ、その中の卵細胞が、卵巣の外に放出される(=排卵)。卵細胞は卵管内に流れていき、卵巣内に残った卵胞は、黄体に変化する。女性ホルモンは、卵胞からエストロゲンが、黄体からはエストロゲンとプロゲステロンが分泌される。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 内分泌系 | 器官 | 腹部 | 卵巣

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。