合胞体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 合胞体とは、または、シンシチウムとは、たくさんの細胞細胞融合してつくられる巨大細胞のこと。融合する前の1つ1つの細胞のがそのまま残るので、合胞体には核がたくさんあるのが特徴。筋肉(骨格筋)の筋細胞(筋線維)や、胎盤合胞体栄養膜細胞など。細胞の境界のない、一続きの大きな細胞になることが、その細胞の役割には重要と考えられている。一方、病気の過程でできる病的な合胞体もある。

言語表記発音、読み方
日本語医学合胞体ごうほうたい
合胞体細胞ごうほうたいさいぼう
合胞細胞ごうほうさいぼう
シンシチウム
英語syncytiumスィンシアム
syncytial cellスィンシアル・セル

 たくさんの核をもつ細胞は、一般に多核体(多核細胞)と呼ばれる。多核体の作られ方には2種類あって、1つの細胞がもとになり、だけが分裂して細胞質は分裂しないことでつくられるものと、たくさんの細胞が後で細胞融合してつくられるもの(合胞体)がある。前者の例は動物ではほとんどない。

カテゴリー: 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。