外子宮口

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 外子宮口とは、子宮(膣)の境界部のうち、腟の側からみえる、子宮につながる穴の入口のこと。腟の上端近くにあるが、外子宮口は子宮(子宮頚部)に含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学外子宮口がいしきゅうこう
英語external os of uterus *イクスターナル・オス・オブ・ユーテラス
external uterine os *イクスターナル・ユーテライン・オス
external opening of uterus **イクスターナル・オープニング・オブ・ユーテラス
external orifice of uterus **イクスターナル・オリフィス・オブ・ユーテラス
ラテン語ostium uteri externum **オスティウム・ウテリ・エクステルヌム
orificium externum uteri **オリフィキウム・エクステルヌム・ウテリ
* 子宮について話題にしているのがわかるときは、of uterus、uterine がなくても通じる
** external、externum などをつけないと、意味は「子宮口」になるが、単に子宮口というときは外子宮口を指すことが多い

 子宮は隣り合っていて、その内側の空間(=内腔)は、子宮頚管(子宮頸管)という細い管状の穴でつながっている。子宮頚管の腟側の端を外子宮口と呼び、子宮頚管の子宮側の端を内子宮口と呼ぶ。単に子宮口というと、外子宮口と内子宮口を合わせて指す時と、外子宮口だけを指す時がある。

 腟内では、外子宮口とその周囲は盛り上がっていて、この部分は子宮側に張り出す感じになっている。子宮のうち、腟内に張り出した部分を、子宮腟部という。子宮腟部の盛り上がりの周囲はくぼんでいて、腟円蓋という。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 腹部 | 子宮

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。