腟円蓋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

膣円蓋でこの項目を参照しています

 腟円蓋とは、または膣円蓋とは、のもっとも上部(奥)で行き止まりになっている部分のこと。円蓋とはドーム状になっている天井の意味。腟と子宮との接続部(外子宮口子宮腟部)もここにある。

言語表記発音、読み方
日本語医学腟円蓋膣円蓋 *ちつえんがい
英語vaginal fornixヴァジナル・フォーニクス
fornix of vaginaフォーニクス・オブ・ヴァジャイナ
ラテン語fornix vaginalフォルニクス・ウァギナエ
*  は、どちらでも使える。異体字の項目を参照。

 の内側から見ると、子宮の入口(外子宮口)は子宮腟部という盛り上がりの上にある。子宮腟部の盛り上がりの周囲を取り巻く場所が腟円蓋である。腟円蓋は特に後部で広がっている(後腟円蓋)。これは、子宮と腟がまっすぐにつながっておらず、腟の上端よりも少し前方の壁に子宮が斜めについているから。

 後腟円蓋の場所は、腟の外側に腹膜腔が近づいていて重要。腹膜腔のこの場所は直腸子宮窩ダグラス窩)という場所。ダグラス窩にたまっている液体を採取するときは、腟内から膣円蓋(後腟円蓋)の場所に注射針を指して採取する(ダグラス窩穿刺)。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 腹部

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。