子宮腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

子宮内膜腺でこの項目を参照しています

 子宮腺とは、または子宮内膜腺とは、子宮の内側の粘膜(=子宮内膜)にびっしりと並ぶのこと。グリコーゲンを含んだ粘液を分泌する。この分泌物で子宮内膜の表面を覆い、受精卵細胞分裂のはじまったもの)が子宮内膜にくっついて(=着床)、発育をはじめるのを助ける。

言語表記発音、読み方
日本語医学子宮腺しきゅうせん
子宮内膜腺しきゅうないまくせん
英語uterine glands(s)ーテライン・グンド(グンズ)
endometrial gland(s)エンドートゥリアル・グンド(グンズ)
ラテン語複数glandulae uterinaeグランドゥラエ・ウテリナエ

 子宮腺は、枝分かれのほとんどない管状の腺(単一管状腺)で、腺の壁は、粘液分泌性の細胞が並んでつくられる単層円柱上皮でできている。腺の入口は子宮の内腔に面した上皮につながっていて、一番奥は子宮内膜の深部までのびる。

 子宮内膜月経のときにはがれるが、子宮腺もその時にちぎれて流れてしまう。月経後の子宮内膜の増殖期に、新たに子宮内膜の上皮が分裂して子宮腺がつくられていく。子宮腺からの分泌は、子宮内膜の分泌期に多くなり、着床に備える。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 腹部 | 子宮

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。