子宮内膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 子宮内膜とは、子宮粘膜の別名で、子宮の内部に面した、一番内側の厚さ数 mm の層のこと。受精卵着床するのはこの層で、月経のときには剥がれ落ちる。

言語表記発音、読み方
日本語医学子宮内膜しきゅうないまく
内膜*ないまく
英語・ラテン語endometrium(英語読み)エンドートゥリアム
(ラテン語読み)エンドメトゥリウム
* 子宮について話題にしているのがわかるときは、単に「内膜」で通じる

 子宮の内側の粘膜は、粘膜の普通の構造同様、一番内側を覆っている上皮粘膜上皮)と、それを取り囲んでいる結合組織の層(粘膜固有層子宮内膜支質と呼ぶ)からなっている。

 子宮内膜支質内には子宮腺が多い。子宮腺は、上皮が管状になって入りこんだ腺で、枝分かれがあまりない(単純管状腺)。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 腹部 | 子宮

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。