粘液

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 粘液とは、どろどろの(粘性が高い)液体のこと。動物の体で分泌される粘液は、たいていの場合、ムチンなどの糖タンパク質を大量に含んでいるのが、どろどろの原因。器官組織によってさまざまに異なる粘液が分泌されていて、さまざまな役割を果たしている。

言語表記発音、読み方
日本語医学粘液ねんえき
英語・ラテン語mucus(英語読み)ミューカス
(ラテン語読み)ムクス
英語形容mucous*ミューカス
英語・ラテン語連結muco-ムコ~
* 形容詞形「粘液性の~」
  • 粘液を分泌し、常に粘液で覆われている膜状の組織のことを粘膜という。
  • 粘液のように、どろどろでなく(粘性が低く)水っぽい液体を漿液、漿液を分泌する膜を漿膜という。

粘液とそれを分泌する器官・組織

消化器系

  • 唾液の一部:唾液は、唾液腺から口腔に分泌され、口腔粘膜を覆い、また食べ物と混ぜられる。いくつかある唾液腺では、分泌される唾液の粘性がちがっている。粘液を分泌する唾液腺は、舌下腺と口腔内に散らばっている小唾液腺口唇腺後舌腺など)。
  • 食道の粘液:食道の粘膜を覆っている粘液は、食道腺から。
  • 胃粘膜の粘液:の粘膜は粘液で覆われており、胃液で消化されないように守られている。胃の粘膜の表面にびっしり並んでいる表層粘液細胞や、胃腺の内部の頚部粘液細胞副細胞)から分泌。
  • 小腸大腸粘膜の粘液:内腔に面した粘膜には杯細胞(ゴブレット細胞)と呼ばれる粘液分泌細胞がある頻度で混ざっていて、粘膜の表面を粘液で覆っている。これとは別に、十二指腸では、十二指腸腺(ブルンナー腺)からアルカリ性の粘液が分泌され、胃で酸性にされたものを中性に戻す。

呼吸器系

泌尿・生殖器系

カテゴリー: 粘膜 | 液体 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。