心膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 心膜とは、心臓のまわりをすっぽりと覆うで、2層ある。心臓に近い側の膜は心臓にぴったりとはりつき心臓と一体化しており、心臓から遠い側は心臓からは離れて心臓の周辺の組織にはりついていて、心嚢とも呼ばれる。2層の間には心臓を囲む空洞である心膜腔があり、少量の漿液心嚢液)がある。この2層は、心臓に出入りする大動脈などの血管のところで折り返されてつながるので、心膜は全体としてひと続きの袋状になっている。

言語表記発音、読み方
日本語医学心膜しんまく
心嚢しんのう
英語heart sacート・ック
ラテン語pericardium(英語読み)ペリーディアム
(ラテン語読み)ペリカルディウム
capsula cordisカプスラ・コルディス
membrana cordisメンブラナ・コルディス

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 心臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。