恥丘

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 恥丘とは、女性の下腹部の下にある会陰部の上端で皮膚が盛り上がっている場所のこと。陰毛が生えている。女性の外陰部外性器)に含まれる。女性の主要な外性器は大陰唇に覆われるが、恥丘は大陰唇よりも上方にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学恥丘 *ちきゅう
ラテン語mons pubis *モンス・プビス
* mons はラテン語で山や丘。pubis は恥骨

 この場所では体表からを触れるが、この骨は、骨盤をつくる左右の恥骨が合わさる恥骨結合のところである。恥骨のところが盛り上がっているから恥丘と呼ぶ。ラテン語のmons pubisから。

 恥骨の前方、上方で皮下組織が厚くなっているため、皮膚が盛り上がる。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 外陰部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。