気管支

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 気管支とは、空気をに送る気道の一部で、気管が左右2つに分かれたところからはじまり、そこから肺のある側の管。肺に入る場所あたりから枝分かれがはじまり、肺の内部で枝分かれを繰り返し、1本1本は次第に細くなっていく。これらは位置関係と構造によって名前がついている。

 主気管支葉気管支区域気管支細気管支終末細気管支呼吸細気管支

言語表記発音、読み方
日本語医学気管支きかんし
英語・ラテン語単数bronchus(英語読み)ブンカス
(ラテン語読み)ブロンクス
複数bronchi(英語読み)ブンカイ、ブンキー
(ラテン語読み)ブロンキ
英語形容bronchialンキアル

カテゴリー: 呼吸器系 | 胸部 | 器官

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。