細気管支

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 細気管支とは、に入っていく気管支が枝分かれし、最終的に肺胞に到達するまでの途中にあたる、細い気管支のこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学細気管支さいきかんし
英語bronchiole *ンキオール
ラテン語bronchiolus *(英語読み)ブロンキーラス
(ラテン語読み)ブロンキオルス
* 気管支は bronchus。後ろに -ole(英語)、-olus (ラテン語)がつくと、より小さいものを指す(指小辞

 左右の気管支が肺に入ったあと、大抵、6回以上枝分かれしたあたりで、穴の直径が1 mm 未満ほどになった部分から先が細気管支と呼ばれる。細気管支では、もっと太い気管支と同様に、管のまわりを平滑筋の層で取り巻かれるが、気管支とは違って、気管支軟骨気管支腺がほとんどない。

カテゴリー: 呼吸器系 | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。