消化器系

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 消化器系とは、体の器官をその働きごとに分類したまとまり(=器官系)のひとつで、食べ物を食べ、消化・分解し、そこから栄養を吸収し、吸収され残ったものを排泄するなどに関係する器官をまとめて呼ぶときの言い方。消化器系に属する器官を、消化器という。

言語表記発音、読み方
日本語医学消化器系しょうかきけい
英語digestive systemダイジェスティブ・スィステム

 消化器系は、大きく2グループに分けられる。

消化管
体内に取り込んだ食べ物が運ばれ、体外へと出されるまでに通る管状の部分。からはじまって肛門で終わる一連のくだ。
消化腺
消化管の外にあって、消化管の中に分泌する消化液をつくる分泌腺唾液腺膵臓など、消化管の各部分にある。消化器付属腺ともいう。

カテゴリー: 消化器系 | 器官系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。