直腸

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 直腸とは、口から始まって肛門に終わる消化管の最後の部分の名前。大腸の一部。S状結腸の次に続く、肛門までの短い部分。長さは 20 cm ほど。

言語表記発音、読み方
日本語医学直腸ちょくちょう
英語rectum*クタム
ラテン語intestinum rectum**インテスティヌム・レクトゥム
* ラテン語名 intestinum rectum が省略されたもの
** ラテン語の rectus は「まっすぐな」の意味
直腸の名前の由来は、腸がまっすぐなこと。しかし、四足動物では直腸は確かにまっすぐに走るが、ヒトでは、骨盤の内側(特に仙骨)の湾曲に沿って進むので結果的に大きく湾曲している

 直腸の壁の構造は、大腸の他の部分とよく似ているが、直腸の一番下部(肛門のすぐ内側)の数 cm は、直腸が骨盤腔から外に出るところで、筋肉に囲まれている場所なので、管が細くなっている。この場所は肛門管と呼ばれる。肛門管のまわりにある筋とは、

骨盤隔膜の筋
 骨盤隔膜は、骨盤の下の境界を作っているという状にひろがった筋層で、直腸は肛門管のところで、これを貫通して、骨盤内から骨盤の下側に出る。
内肛門括約筋
 肛門管のところでは、直腸の

肉の部位名として

 肉の部位としては、テッポウと呼ばれる。

カテゴリー: 消化器系 | 腹部 | 大腸

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。