唾液腺

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 唾液腺とは、またはだ液腺とは、唾液(だ液)を口の中(口腔)などに分泌するのことで、外分泌腺。唾液は消化酵素を含み、口腔は消化器系に含まれるので、唾液腺は消化腺のひとつである。

言語表記発音、読み方
日本語医学唾液腺、だ液腺*だえきせん
英語salivary glandヴァリィ・グランド
ラテン語glandula salivariaグランドゥラ・サリウァリア
* 唾液腺の「唾」は、常用漢字に含まれていないため、ひらがなで書くことがある

 口腔を取り囲むようにたくさんの唾液腺があり、それぞれのある場所によって名前が付けられている。大きいものは3対あり、耳下腺舌下腺顎下腺という。これらはそれぞれが器官で、大唾液腺と呼ばれる。それ以外に、口腔の周りの壁やなどにごく小さい唾液腺が多数埋まりこんでいて、これらを小唾液腺という。

カテゴリー: 消化器系 | 消化腺 | 分泌 | 外分泌腺 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。