球関節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、多軸関節。肩関節。

球関節とは、関節の形による分類のひとつで、関節をつくる一方のの端の関節面の形が半球状に盛り上がり、もう一方はそれがぴったりはまるように丸くくぼんでいる関節。この関節の運動の方向には、関節の形からの制限がなく、360度自由な方向に動かせる(回すこともできる)。球関節は、運動の方向の軸が無数にある多軸関節である。多軸関節は、運動の種類による関節の分類。

言語表記発音、読み方
日本語医学球関節*きゅうかんせつ
英語ball and socket jointール・アンド・ケット・ジョイント
spheroid jointフェロイド・ジョイント
enarthrosis**エナースースィス
ラテン語articulatio spheroideaアルティクラティオ・スフェロイデア
* 球関節の他に、一般用の辞書には、球状関節、球窩関節、杵臼(しょきゅう)関節などの言い方が掲載されていることがある
** en + arthrosis: en...「~を囲む、中に入れる」、arthrosis... 「関節」

 半球状に盛り上がっている側の関節面・凸状の骨端を関節頭、くぼんでいる方の関節面・凹状の関節面を関節窩という。

 球関節は、肩関節と股関節が該当するが、このうち、股関節は関節窩がより深いくぼみになっている臼状関節ともいう。このため、股関節のほうが関節の動く範囲が狭い。肩関節の関節窩は浅いので、より広い角度の運動ができるが、脱臼もしやすい。

カテゴリー: 骨格系 | 運動器系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。