肩関節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

肩甲上腕関節でこの項目を参照しています

 肩関節とは、にあって、肩甲骨上腕骨がつくっている関節。二の腕(上腕)の運動の支点になる関節。肩甲骨の外側にある関節窩(肩甲骨関節窩)という浅いくぼみに、上腕骨上腕骨頭という半球型のでっぱりがはまってつくるので、別名 肩甲上腕関節ともいう。

言語表記発音、読み方
日本語医学肩関節かたかんせつ、けんかんせつ
肩甲上腕関節けんこうじょうわんかんせつ
英語shoulder joint*ショウルダー・ジョイント
glenohumeral joint*,**リーノ-ヒュームラル・ジョイント
ラテン語articulatio glenohumeralis **アルティクラティオ・グレノフメラリス
* joint のかわりに articulation アーティキュイションも使う
** 肩甲上腕関節にあたる用語

 関節の形状と運動についての分類では、多軸性の球関節に分類される。球関節は運動の方向の制限が比較的ないため、上腕は肩関節を中心にして、3次元的な自由な運動ができる。肩関節の運動には屈曲伸展内転外転内旋外旋がある。

 肩関節は広範囲の動きが可能である。しかし、安定性が低いため脱臼しやすい関節である。上腕骨頭はおよそ1/3球であるが、関節窩は浅くて狭い。すなわち、上腕骨頭の方が大きく、関節窩の方が小さい(約3:1)。関節の適合性を補うため、

  1. 関節窩には関節唇が介在し、関節窩の深さを約2倍としている。
  2. 烏口肩峰靭帯、烏口突起肩峰からなるアーチ状の烏口肩峰アーチによって、脱臼しにくくする。

といった特徴がある。

カテゴリー: 体の部位 | 上肢 | 胸部 | 上肢帯 | 運動器系 | 骨格系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。