直腸子宮窩

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はダグラス窩にあります

関連する内容が、直腸膀胱窩の項目にあります

 直腸子宮窩とは、ダグラス窩とも呼ばれ、直腸子宮を上から覆っている腹膜が、それらの臓器の間のすき間に入りこんでできる、深いくぼみのこと。立った姿勢(立位)では、腹膜腔腹腔で、腹膜に囲まれる空間)の中でもっとも低い場所になるので、腹膜に病気が及んだときに腹水がたまる場所。

言語表記発音、読み方
日本語医学ダグラス窩 *ダグラスか
直腸子宮窩ちょくちょうしきゅうか
英語Douglas' pouch *グラス・ウチ
rectouterine pouchレクト-ーテライン・ウチ
rectouterine excavationレクト-ーテライン・エクスカヴェイション
ラテン語excavatio rectouterinaエクスカウァティオ・レクト-ウテリナ
cavum douglasi *カウム・ドウグラスィ
* ダグラス Douglus は、17世紀末~18世紀前半のスコットランドの解剖学者・外科医のジェームズ・ダグラス(James Douglas)のこと

カテゴリー: 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。