相同

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 相同とは、別の種類の生物どうしの間で、器官や構造などを比較するとき、それらの構造や機能が現在は違っていても、体の発生の段階をさかのぼると、同じものがもとになって(変化して)できるもの、または、進化の過程で、もともと同じものから起こったものを指すことば。たとえば、ヒトの上肢と、四足動物の前肢、鳥類のつばさ、魚類の胸ビレは相同。この意味では、同じ遺伝子から変化してできた近縁の遺伝子どうしを相同遺伝子、同じタンパク質から別れたものを相同タンパク質などと呼ぶ。

言語表記発音、読み方
日本語医学相同そうどう
英語 homologyロジー
英語形容homologous *ロガス
* 「相同な」の意味

 生殖器については、同じ種類の生物のオスとメスの間で比べるときにも使ったりする。例:陰嚢大陰唇は相同。

 相同な器官のことを、相同器官という。

 形や機能が似ているが、由来が異なるものを相似と呼ぶ。

カテゴリー: 性質

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。