硬組織

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 硬組織とは、体のなかでなど、他よりも硬い組織のこと。柔らかい組織は軟部組織という。

言語表記発音、読み方
日本語医学硬組織こうそしき
英語hard tissueード・ティシュー

 組織は、通常の有機物だけでなく、ハイドロキシアパタイトなどの形でカルシウムなどの無機質を大量に含んでいるために硬い。研究や臨床などで取り扱う上での共通点があり、特別の知識が必要になることなどから、まとめて扱われる。

 ただし、その定義はあまり厳密ではなく、以外に軟骨も含むこともある。軟骨は骨と隣り合っていることが多く、骨の一部は作られる過程で軟骨から変化するが、まだ軟骨には骨のように無機質は含まれていないので、それほど硬くはない。

カテゴリー: 組織分類

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。